カタライザーミストスプレー

30万年前の海洋性堆積物から抽出された

天然成分「フムスエキス」

当社オリジナルの「フムスエキス」は、「海藻堆積物」という限られた場所でしか採取できない、太古の昔から蓄積された植物や魚介類、海藻類などの遺骸が、長い年月をかけて微生物により発酵、分解してできた腐植土から抽出されたエキスです。この「フムスエキス」は、原料の採掘から乾燥、熟成、抽出までを、自社管理によって国内で一貫して行っており、安全で安心な品質の良い製品となっています。

海藻堆積物 フムスエキス 九州大学との共同研究により、様々な作用や効果が検証されています。
他の「フムスエキス」とココが違います

「糖鎖栄養素」+ミネラル+ビタミン+α

当社の「フムスエキス」には、微量なミネラルやビタミン、アミノ酸、酵素、ナノ単位の物質などさまざまな成分が含まれていることが、国立・私立大学やその他研究機関により確認されています。中でも注目を浴びている「糖鎖」の構成に必要な8種類の単糖類「糖鎖栄養素」とその他2種類の単糖類が、すべて天然の状態で含まれています。

糖鎖栄養素
いま注目されている

糖鎖とは

 約60兆といわれるヒトの細胞の表面には、鎖状の産毛のような「糖鎖」が存在し、細胞同士をつないでいます。「糖鎖」は8種類の単糖が組み合わさっており、たんぱく質で細胞内とつながっています。
「糖鎖」はアンテナのような働きをし、ウイルスや毒素、細菌などの異物が体内に侵入すると、“これは体に悪いから、急いで排除せよ”という情報を細胞から細胞へ伝えます。また「糖鎖」は異物情報だけでなく、ホルモン作用、免疫反応、酵素の識別、細胞の種類や状態など、ヒトの生命活動に関係する様々な情報交換の媒体となっています。この「糖鎖」に異常があると、細胞同士が連携できず、ガンやアトピー性皮膚炎、リウマチ、アレルギーなどを発病させる原因になるともいわれています。

糖鎖

全配合成分

水、フムスエキス(腐植土抽出物)、グレープフルーツ種子エキス、グリセリン

ご使用方法

  • お風呂上りや洗顔後、お肌から20cmほど離し、スプレー後、手の平で優しくなじませてください。
  • ご使用後は必ずキャップを閉めて保管してください。
  • 内容成分がスプレー噴出口に詰まった場合は、逆さまにしてノズル部分を勢いよく強く押し込んでください。

 

SKIN CAREスキンケア

  • お風呂上がりや洗顔後すぐに、顔全体にスプレーします。ハンドプレスをして、よくなじませます。その後、お手持ちの化粧品でお手入れします。
  • 日中の保湿のため、携帯して肌が乾いたと感じた時にスプレーします。(メイクの上から化粧崩れしないようやさしくなじませます。)
  • メイク直し前にティッシュがヒタヒタになるくらいスプレーします。
    そのティッシュを顔にのせて、優しく押さえます。Tゾーンや小鼻などメイクが崩れやすい部分は念入りに押さえます。こすったりはせず、あくまで優しく押さえるだけです。その後、メイク直しをします。
  • ニキビや肌荒れが気になる時、顔全体にスプレーした後、清潔なコットンにミストをたっぷり含ませ、気になる部分にパックします。5分程おいたらはがして、その後にお手持ちの化粧品をお使い下さい。
  • シェイビング後、スプレーし、ハンドプレスして浸透させます。この時、あまり強く叩きすぎないようにします。

BODY CAREボディケア

  • ムダ毛処理後の部分にスプレーします。ムダ毛処理によりデリケートになっているお肌を、みずみずしくなめらかな状態に整えます。
  • 気になる部分にたっぷりスプレーします。
  • 入浴後など体を清潔にした状態で、わきの下など汗の臭いが気になる部分にたっぷりスプレーします。制汗剤が苦手な方にもおすすめです。

SCALP CAREスカルプケア

  • 頭皮全体にスプレーして、指先で軽くマッサージします。頭皮にうるおいを与え、健やかに保ちます。

ご使用上の注意

  1. お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。
    お肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。
    (1)使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合
    (2)使用したお肌に、直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合
  2. 傷やはれもの、湿しん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。
  3. 目や耳・口に入らないようにご注意ください。もし目に入ったときは、直ちに洗い流してください。
  4. 保管及び取扱い上の注意
    (1)使用後は必ずしっかり蓋をしめてください。
    (2)乳幼児の手の届かないところに保管してください。
    (3)極端に高温又は低温の場所、直射日光のあたる場所には保管しないでください。