トップページ > 会社案内 > あいさつ

あいさつ

近年、問いただされている世界規模での環境問題。我々の住む日本は、高度成長期における公害対策の不備が大気汚染、水質汚染の原因となり21世紀または、未来へ郢ォがる環境破壊の道を歩んでおります。大気汚染による地球温暖化が生態系の狂いを生じ、又、古来より安全とされてきた「食」に対する概念も変わってきました。

だからこそ、私達、食品を製造する業界全体が、より安全で安心して口にできる食品を、いかに一般市場へと提供できるかを真剣に考え、取り組んでいかなければなりません。

常識というものは、時代と共に変化してきています。昔の常識は、現代の非常識となっていることは珍しくありません。しかし、人として問われる、モラル「倫理」や「道徳」感は変化するものではありません。モラルに従い、考え、行動することは善悪の「善」となり、モラルに反した考え、行動は「悪」となります。現代は、利益を重視し、自分達だけの幸福を望む時代ではありません。小さな積み重ねではありますが、私達一人一人に関わる人々、そして、その先に関わる全ての物が、より安全に、より安心に、そしてより幸せに感じられる時代になるよう、社会に貢献していくべきと考えています。

私達人間の存在が、自然界の一部であることを忘れ、あたかも、自分達の所有物のように振る舞い、自然界のバイオリズムを乱してきました。この、地球を構成する「水」・「土」・「空」、そして「命」の調和をコントロールしているバイオリズムこそが、倫理感の基準と考えております。

我が社は、常に小さなことから真剣に捉え、壊れてしまった自然や自然界のバイオリズムを、本来の状態に引き返せるような商品の開発に取り組み、地球規模で社会貢献できる企業を目指し、日々邁進しております。

このページの先頭へ